FC2ブログ

授業の追試をする先生方への手紙 1

日本史ランキング


社会科教育ランキング



本年度はこれまでにない数の先生方が「日本が好きになる!歴史授業」の追試を行いました。

しかも全70時間の追試や同学年複数学級での追試もありました。


どの先生からも子供たちの感想文が送られてきて、その内容も素晴らしかった。

・先人への感謝の気持ち

・日本の素晴らしさへの気づき

・日本人としての誇り

・日本への深い愛情

・国や社会に何か貢献をしたいという国民としての自覚

・日本人としてよりよく生きたいという真摯な願い

そうした思いがあふれている実にけなげな文章が綴られていました。

先生方の実践は今後も続き、やがて大きなうねりとなって広がっていくだろうという強い希望が生まれました。


しかし、一方でみなさんに知らせておきたいことも起きていた。


いくつかあるなかで一番厳しかったのは、

校長から「きみにはもう6年生はもたせない(歴史を教えさせない、という意味)」

と通告された先生だ。


理由は「保護者からクレームが2件あり、児童のノートを見て問題だと思ったからだ」という。

ただ歴史授業がすべて終わってからだったとのこと。

クレームは前にあったが授業は最後までやらせてくれたということです。


校長から聞いた保護者のクレームは次の3点だったという。

「教科書をあまり使っていないから内容をおさえているかどうか心配だ」

「内容が難しい。小学生のレベルではないと思う」

「6年生の学力にあっているかどうか疑問がある」


事実関係の報告はここまでにします。

とりあえずこういうことがあったと知らせておきます。


なおこの先生はすでに新天地に旅立つことを決めたようです。

ぼくとしてはまだ希望はあるから学校に残ってほしかったが、彼は今後も別のかたちで歴史を教えてい道が開けたのだそうです。


この件でいますぐどうこうということはありませんが、来年度の追試を考えている先生はこういうことがあったことを心にとめておいてください。油断は禁物です。


私たちの強みは学習指導要領の6年歴史の二つの目標

「国を愛する心情を育てる」と「国を支える国民としての自覚を育てる」

を両方ともほぼ完璧に達成できることです。


もう一つの強みは、リーダーとして考えさせる発問と討論という学習法です。教師が教え込むのではなく資料を通して児童生徒が自ら気づくという学習の王道を達成できることです。


一方つっこまれるとしたら、文科省検定教科書に載っていな教材を扱わざるを得ない点です。

また一部ですが文科省の想定しているカリキュラムと多少のズレがあります。


しかし、教科書通りでは正しく歴史教育の目標が達成できないから、やむを得ずこの実践が生まれたわけです。仕方がありません。

日本愛に乏し、対外関係で常に自虐的な(日本が悪い)教科書通りでは、6年生や中学生の歴史教育目標が達成できないからです。


しかし、重要なのは教育内容においても教科書が取り上げる内容はほぼ満たしており、必須の歴史人物42人もすべて取り上げてあることです。

足りないところを補っているだけだと考えておきましょう。











関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック