fc2ブログ

6月6日第2回教師向け歴史授業講座のお知らせ!

日本史ランキング


社会科教育ランキング

お申し込みはこちらから
       ↓
20210509_集合写真①

2021年6月6日(日) 14:00〜16:30


教師のみなさんへ

・本年度歴史を教える先生方、いつか歴史を教えることになるかもしれない先生方、にたぶん役に立つと思われる講座をお届けします。

・歴史授業は人格形成の基盤をつくるアイデンティティー教育です。思春期の健全な自我形成のために欠かすことのできない重要な学習です。6年生と中学生は歴史に取り組むことで確実に成長できます。

・「日本が好きになる!歴史全授業」を学び、追試した先生方はみな二つのことを証言しています。

①授業が楽しいので子供が集中しよく考えるようになる。リーダーになって考えるA対Bの討論に熱中する。子供たちが歴史が好きになり日本がますます好きになる。

②日本の素晴らしさを理解し日本の一員であることを誇りに思うようになり、子供たちの自己肯定感が高まります。

 

特典

◆zoom見逃し配信あり◆

お申込みをいただいた方には、録画した動画を1週間視聴していただけます。動画のURLは後日メールでお送りいたします。
当日参加できない方でも、講座の内容を動画でご確認して頂けます。

 

 第2回 プログラム(変更になる場合があります)

 

1 簡単な復習と本日の講座内容

  ・古墳時代と建国神話

  ・現代まで続く日本の設計図を書いた聖徳太子について

2 授業「聖徳太子① 仏教伝来と日本の神々」 

    「聖徳太子② 十七条の憲法と日本の国柄」

3 授業「聖徳太子③  隋との対等外交と日本の独立」

4 奈良時代(国づくりの完成)までの授業の解説

〇講座終了後、質問とフリートーキングの懇親会を実施します(小一時間)。飲食自由です。もちろん参加・不参加は自由です!

 

【連続講座の予定】
〇各月の第1日曜日(14:00~16:30)で実施します。
〇内容は大まかな予定です。変更になる場合があります。


第3回(7月4日)
 模擬授業 No22「北条時宗と元寇」

 授業解説 No18「藤原道長と摂関政治」(平安時代)
      ~No29「豊臣秀吉の天下統一」(安土桃山時代)

 


第4回(8月1日)

 模擬

授業 No31「西洋とどうつきあうか?(鎖国1)」
 授業解説 No30「徳川家康と江戸幕府」
      ~No39「高杉晋作と国づくりの目標」

 

第5回(9月5日)
 模擬授業 No40「生麦事件と薩英戦争」
 授業解説 No41「坂本龍馬と大政奉還」
      ~No49「伊藤博文と日本国憲法」


第6回(10月3日)

 模擬授業 No54「韓国併合と朝鮮の近代化」
 授業解説 No50「不平等条約改正の歩み」
     ~No58「満州事変と満州国の発展」


第7回(11月7日)

 模擬授業 No59「日中戦争(シナ事変)はなぜ起きたか?」
 授業解説 No60「太平洋戦争(大東亜戦争)はなぜ起きたか?」
      ~No64「硫黄島の戦い」


第8回(12月5日)

 模擬授業No65「アメリカに占領された日本」
 授業解説No65「戦争犯罪とは何か? 日本の敗戦」                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      ~No70「国づくりのバトン 自分の番」

 

 講師紹介 
斎藤武夫先生
 昭和24(1949)年生まれ。1985年に大宮市立大成小学校に奉職。同期の先生方と大宮教育サークルを設立し授業実践研究を始めた。以後三橋小学校・春野小学校・島小学校・芝原小学校・津田学園小中学校を経て、浦和実業学園中学校(歴史講師)を2014年に退職。退職後、各地で「歴史授業講座」を開催している。『学校でまなびたい歴史』(産経新聞社)、『日本が好きになる!歴史全授業』(私家版)、共著に『教科書が教えない歴史』(扶桑社)などの著書がある。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック