fc2ブログ

6月26日(土)歴史と日本が好きになる歴史授業の近現代編(全4回)。伊丹ライブ&オンライン開催

日本史ランキング


お申し込みはこちらから

伊丹発 ライブ&オンライン歴史授業講座


"ひみつの図書室"  presents

ライブ(伊丹会場)&オンライン(zoom)同時開催

 ★zoom見逃し配信あり

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 〜自己肯定感が高まりリーダーが育つ〜

   第一回 齋藤武夫先生の

『日本が好きになる歴史授業-近現代編』

        全4回 (幕末〜戦後体制)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  第一回  26 ()13:30 ~ 16:00  

  第二回  24 ()13:30 ~ 16:00

  第三回  28 ()13:30 ~ 16:00

  第四回  25 ()13:30 ~ 16:00

 *  *  *  *  *  *  *  *

【"歴史嫌い"の方が歴史好きになる⁉︎

*  *  *  *  *  *  *  *

 

"歴史の授業好きでしたか?"

と大人の方にきくと暗記・覚えるのが苦手だから嫌いだった、という声を一般的によく聴きます。

また歴史の授業は自分と関係がないからおもしろくなかった、という方も多いんじゃないでしょうか。

 

でも、本来"歴史授業はおもしろくて当然"の授業じゃないかと思います。

歴史のほんの一時代を切りとるだけでも数えきれないほどの"物語化"がなされ

小説やドラマ、映画、アニメ、ゲームなど様々な媒体を通して今を生きる多くの人々の共感を呼び心を掴んでいるほどです。

 

ましてやギネスブックにも記される

『世界最古の王朝』を持ち2000年以上続く歴史を持つ日本のこと。

"建国"から"一つの国"として

連綿と途切れることなく"今"へ続く歴史は

壮大な物語そのものであり

その中にも無数の共感を呼ぶ物語があります。

おもしろくないわけがありません。

歴史は人が造ったものである限り、そこには必ずいつの世にも通じる"共感できる物語"があるからです。

 

ただ。

その"物語"を(検定を受けた)歴史教科書に沿った授業内で再現するのは

言葉で言うほど簡単ではないかもしれません。 

現実的に様々な制約がある中、おもしろい授業にしようと現場で苦労や工夫をし続けている先生も多いのではないかと思います。

 

そんな中。

歴史授業を通して子ども達に"物語"を体感させ

「先人への感謝」を育み

「自尊心と自己肯定感」を高め

「思考力」を伸ばし

「未来を担うリーダーシップ」を引き出す

まさに人材育成ともいえるような授業を実践してこられた先生がおられます。

授業を受けた子ども達からも

「歴史の授業が好きになった」

「歴史を学んで日本という国のすごさを知った」

「日本という国に産まれてよかった」

「物事には一方的な見方だけではなく必ず違う見方もあるとわかった」

そんな感想が山のように届けられる先生。

 

それが今回主催させて頂く

『日本が好きになる歴史授業』の

"齋藤 武夫 先生"です。

 

*  *  *  *  *  *  *  *

 【齋藤先生の歴史授業-使命と特徴】

*  *  *  *  *  *  *  *

 

齋藤先生は、元小学校中学校の教師を勤められ

退職された今も全国各地で「歴史授業講座」を開催されています。

『歴史は"他人事(ひとごと)"ではなく"わが事"

という考えをベースに

 

『誇りある日本人をめざし先人への感謝と国を愛する心を育てること』

が歴史教育の最大の使命として

日本の正しい歴史を子どもたちに教えるため指導用の教科書まで創り

授業実践を通して教員の育成もされるほどその使命に人生を捧げられています。

 

そんな齋藤先生の歴史授業を受けられると様々な感想があるかと思いますが

一番の特徴と言えるのは

まさに自分が"歴史の当事者"になり

まるで自分も"歴史に参画した""歴史の一員だ"

そんな気持ちにさせてくれることではないかと思います。

 

そのための仕掛けも随所に散りばめられていますが

その仕掛けの一つに。

その当時のリーダーになりきって考えさせる絶妙な質問と討論があります。

当事の指導者の気持ちになりきり、自分の意見(決断)を述べ、他人の意見もしっかり聴く。

その繰り返しの中で圧倒的に育まれていくものや大きな気づきがあります。

参加者や子ども達の感想を読まれても実感しますが、これはぜひ実際の授業を受けて体感して頂ければと思います。

すでに歴史を知識として知っている大人でも思わぬ気づきと大きな学びがあるかと思います。

 

*  *  *  *  *  *  *  *

  【近現代の約100年を全4回で】

*  *  *  *  *  *  *  * 

今回、齋藤先生にお願いし特に日本の歴史授業では詳しく教えられることの少ない"近現代"を学んでいきたいと思います。

 

以下、齋藤先生からのメッセージと授業案内です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

伊丹発【ライブ&オンライン】

日本が好きになる!歴史授業講座 

 4     ----日本近現代史の授業----

◆講座について

・幕末維新から敗戦占領時代までの 4 回の講座で、毎回3つほどの授業をピックアップして届けます。ただし流れが分かるように工夫します 

・内容が学校教育(教科書)からは消されているために、児童生徒の歴史観・国家観が自虐的になり、そのために彼等の自己肯定感が削られ自我形成も歪んでしまう部分を補える授業をとりあげていきます。

・先生方や保護者の皆さんに、学校や既存メディアからは得られなかった多面的な見方を持っていただければ幸いです。

・講座で紹介する授業は、講師(齋藤先生)が小学校と中学校で実践してきた授業です。

◆全 4 回の授業予定 (変更になる場合があります)

 26 ()13:30 ~ 16:00  

 ⚫︎アヘン戦争から封建制度の終わりまでの授業 3 

 例ー不平等条約・薩英戦争・廃藩置県

 24 ()13:30 ~ 16:00

 ⚫︎近代日本の国づくり(明治)の授業 3 

 例ー西南戦争・大日本帝国憲法・近代国家の完成

 28 ()13:30 ~ 16:00

 ⚫︎韓国併合から昭和の戦争までの授業 3 

 例ー韓国併合・満州事変・シナ事変

 25 ()13:30 ~ 16:00

 ⚫︎昭和の戦争から GHQ 占領時代までの授業 3 

 例ー大東亜戦争開戦・敗戦と戦争犯罪・占領軍の「戦争」

                        以上

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

どの国の歴史にも"光と闇"は必ずあります。

しかし我が国の特に自分達の祖父母や曽祖父母が直接関わる近現代史の部分では

特に"闇"の部分が(しかも歪められて⁉︎)クローズアップされ

何となく日本やご先祖さんを嫌いになってしまった、という経験をお持ちの方も多いんじゃないかと思います。

齋藤先生の授業を受けることでそうした歴史観が一掃され

日本の近代化がいかに苦難を乗り越え奇跡的に進んでいったのか

そして日本は誇るべき歴史を持つ素晴らしい国だということを再認識して頂ければ幸いです。 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

【今回の授業の概要】

・現地(伊丹会場)ライブ参加かオンライン(zoom)参加、どちらでもご参加可能です

 *齋藤先生もオンラインでの講義となります 

・学校の先生以外のご参加も大歓迎です

・全4回受講と単回受講、どちらでも参加可能です(例ー1回目と3回目を受講、等)

 

・全4回受講の方には特別割引をご用意させて頂きます。

・現地ライブ会場ではブックランドフレンズの協賛にて齋藤先生の著書等も販売しております(書店では通常置いていない斎藤先生の指導用教科書も特別販売しています)

zoom見逃し配信あり

 ライブ、オンラインいずれかお申込みをいただいた方には、録画した動画を次回講 座の前日まで視聴していただけます。当日参加できなくなった方もご安心ください。

・その他申込みについての詳細は下記を参照ください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

 

【申込詳細】(変更の可能性もあります)

◆全日程  ①6月 26 ()13:30 ~ 16:00

      ②7月 24 ()13:30 ~ 16:00

      ③8月 28 ()13:30 ~ 16:00

      ④9月 25 ()13:30 ~ 16:00

 ◆第一回 6月26日 時間予定

     *他の日程も基本同じです

    13時10分 現地受付開始

    13時15分 zoom受付開始

    13時30分 授業開始

     (詳細時間配分は後日参加者に案内します)

    16時30分頃 終了予定 

◆会場

*今回の授業は齋藤先生をオンラインで繋ぎ伊丹セミナー会場でのライブ受講とオンライン受講する"ハイブリッド形式"となります。

[ライブ会場]FLEXY 伊丹 5Fセミナー室()

       兵庫県伊丹市中央1丁目5ボントンビル5階 阪急伊丹駅 徒歩1

       TEL072-707-9000

       https://flexy-itami.jp/facility/5F

      *会場では書籍の購入が可能です 

 

◆参加費

  ・単回受講 (各回)             2,500

  ・全4回受講(特別割引)  10,000円⇨8,000円

   *全4回受講者は次回からの申し込みは不用です

   *第一回目を単回受講後に4回受講への変更希望も初回のみ相談に応じます。

   *いずれも事前振込制になります

 

◆募集人数

 現地ライブ会場参加 15人 

 オンライン参加   20人ほどの予定

 *ライブ参加で申込していて状況次第でオンラインへの変更は可能です

 *その逆(オンライン→ライブ)も可能ですが、ライブ参加者の人数によっては変更できないこともあります

 *ライブ会場は通常40人が入れる会場でなるべく密集しないように席をご用意しています

 *人数は若干変動あります

 

◆締切:第一回については 6月24日()24時まで 

    入金締切 前日(625)19時まで

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

【申込方法】

①まずはこちら(コクチーズ)から「申込む」をクリックしてください 

②申込フォームから必要事項を記載のうえ

  1.全4回ー現地ライブ参加             8,000円

  2.全4回ーオンライン参加             8,000円

  3.初回単回ーライブ参加                 2,500円

  4.初回単回ーオンライン参加          2,500円

のいずれかを選択して下さい

簡易なアンケートにご協力のうえ送信してください。

④お申込詳細ページに「お支払い方法」が記載されています。お支払い額を確認の上、ご入金ください。

また折返しご指定のメールアドレスにも申込内容確認と入金案内のメールを送らせていただきます。それらをご参照のうえ48時間(2日)以内にお支払いください。

kokuchpro.comドメイン」からのメールが受信できることをご確認ください。

万一、申込詳細メールが届かない場合は主催(田村)までご一報ください。

⑤お支払いの手続き完了後に「お支払いが完了しました」のボタンをクリックして頂けると入金確認がスムースに行えます。

よろしくお願いします

主催:ひみつの図書室 *質問等は担当 田村まで

         携帯    090-3700-3694

   メール himitu_tosho2@yahoo.co.jp

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

【ご確認】

〜現地フレクシー伊丹参加者へ〜

①各自で体調管理と感染対策を実施の上ご参加下さい。(体調が良くない場合はオンラインに切り替えてのご参加も大丈夫です)

②緊急事態宣言が再延長の場合でも基本的に現地会場含め開催は実施します。

〜オンラインzoom参加者へ〜

①zoom招待URL等につきましては、講座前日25にお送りします。

②万一配信時間に間に合わず動画を見れなかった方も一定期間動画を見れるように手配致します

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

  斎藤武夫先生 プロフィール〜

 昭和241949)年生まれ。1985年に埼玉県大宮市立大成小学校に奉職。

同期の先生方と大宮教育サークルを設立し授業実践研究を始める。

以後、20余年に渡り小中学校の教員として「日本が好きになる歴史授業」を実践研究する。

退職後の2015年、日本の歴史授業改革を目指して、授業づくりJAPANの創立に参画。

現在は、授業づくりJAPANさいたま代表として、メルマガやブログで運動を進め日本各地で

「日本が好きになる!教師のための歴史授業講座」等を開催。

著書に

『学校でまなびたい歴史』(産経新聞社)、『日本が好きになる!歴史全授業』(私家版)、共著に『教科書が教えない歴史』(扶桑社)などがある。 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

〜主催の「ひみつの図書室」とは〜

2015年に伊丹のブックランドフレンズという本屋で3人からスタート。

「学校の先生や教育関係者が本音で話せ、元気になれるひみつの居場所をつくる」という目的で毎月一回本屋の中で開催。

学校や塾の先生に経営者、教育に興味関心ある方が毎回1015人ほど集まり教育に関する様々なトークを本屋の中で行う。

20208月に丸5年60回を迎え、61回目からは「ひみつの図書室ver2.0」にリニューアル。

参加者のフリートークスタイルから、毎回一人がプレゼンをし、自分が今実践していることや心に秘めた想いを語る会へと変化し

(すでに9人の方にプレゼンして頂いています)

一人一人がより突き抜けた存在になるきっかけとなる場を目指し開催しています。

教育の向上に興味関心ある方ならどなたでも(オンラインでも)ご参加いただけますので、ご興味ある方は一度主催者(田村)までお声がけください。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック