スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸奥宗光と不平等条約改正の歩み

陸奥宗光と不平等条約改正の歩み
◆不平等条約改正の歩みをたどり、陸奥宗光の偉大な一歩を学ぶ。

1 ノルマントン号事件

◆絵を見せる
Normanton_Incident(1886).jpg


この絵を見て、疑問に思ったことをノートに書きなさい

*発表させる。

◆板書:明治18年;ノルマントン号事件
◆以下を説明する。
・1886年(明治18年)、ノルマントン号というイギリスの船が沈没した。
・横浜から神戸へ向かう途中、和歌山県沖で。
・救命ボートで助かったのはイギリス人だけ。日本人乗客23人は全員おぼれ死んだ。

日本人を助けず、見殺しにした船長ドレイクは裁判にかけられました。
 どんな判決が出たか予想してください。
 A:無期懲役  B:懲役10年  C:無罪


*意見分布をとり、発表させる。

◆無罪が正解です。
「私は早くこのボートに乗れと言ったのに、日本人は英語がわからず、ボートに乗ろうとしなかったのだ」という船長の言い訳を、裁判長が認めたためでした。

この裁判長に明治の日本国民はたいへん怒り、抗議しました。みなさん、ご先祖様になったつもりで話してみてください。

*発言させる。

その抗議が認められて、もう一度ドレイクは裁判にかけられ、3ヶ月の禁固刑、
ただし、賠償金はなしとなりました。それにしても、23人を見殺しにした罪
としてはあまりにも軽すぎました。
  どうしてこんな軽い刑罰ですんだのでしょう?


*発言させる。

◆板書:不平等条約・・・イギリスに治外法権がある(外人が日本で犯した犯罪は、日本の裁判所が裁けない)

◆このほかにも、「少女が暴行されて無罪(東京)」「衝突で船が沈められて74人が死んで、相手が悪いのに損害賠償1万ポンドを払わせられた(瀬戸内海)」「外人に杖でなぐり殺されても裁判できない(新潟)」などが起きたことを話す。



2 井上馨の欧化政策

◆鹿鳴館の絵を見せる。
鹿鳴館


これは東京の鹿鳴館という建物で行われていたパーティの絵です。
 井上馨が進めた「日本西洋化政策」で、条約改正を進めようと言うのです。


◆板書:「鹿鳴館」・・・日本のリーダーが西洋人のように行動して仲よくなれば、
条約改正ができるだろう

◆この政策を進めた井上馨は次のような案で、条約改正を進め、各国も認めようとしました。

・日本がつくる法律は外国に見せて承認を受ける
・日本の裁判所の裁判官の半分以上を外国人にし、英語で裁判する。

みなさんはこの案に賛成ですか、反対ですか?

*発言させ、理由を言わせる。

◆国民の反対にあい、井上馨は条約改正は失敗する。
これでは不平等条約よりももっと悪い、日本が外国にのっとられてしまったみたいだ、というわけです。



3 陸奥宗光の偉大な一歩

◆この条約改正をやりとげたのが、陸奥宗光です。写真を貼る。
陸奥宗光


◆プリントを配り、読む。



不平等条約の改正に成功した陸奥宗光

陸奥宗光は田辺藩(和歌山県)の武士の家に生まれました。ペリーが来たときは十才の少年でした。十五才で家を出て、二十才で勝海舟の海軍繰練所に入り、海軍や西洋の法律を学びました。このとき、坂本龍馬と出会い、龍馬の海援隊(貿易会社)にも参加しました。陸奥宗光は一人で読書にふけることが多く、仲間とわいわいやるタイプではありませんでしたが、坂本龍馬だけは陸奥をたいへんかわいがり、
「海援隊にはすぐれた人物がたくさんいるが、自分の考えをしっかり持ち、独立してやっていけるのは、私と陸奥宗光だけだろう」と言っていました。
 龍馬が暗殺されたとき、陸奥は、日本を西洋と対等につき合える近代国家にするために、坂本さんのバトンを受けつごうと心にちかいました。
 陸奥宗光は、国会ができて新しい内閣の外務大臣になり、不平等条約の改正に向けて努力をかさねました。それが、明治日本の最大の目標だったからです。
陸奥宗光はイギリスとの交渉に目標をしぼり、ねばりづよく交渉していきました。イギリスは当時世界一の大国でしたから、イギリスが改正すれば、他の西洋列強も改正するはずだと考えたからです。
 また、陸奥の工夫は「条約はすぐに改正するが、完全に実施するのは五年後にする」という交渉をして、相手を説得したことでした。
 陸奥宗光は国会で次のように演説しました。
「わが国はこれまで、開国して西洋から学び、発展してきました。貿易額は五倍になり、日本中に電線と鉄道がひかれ、海には大きな蒸気船がうかんでいます。軍隊も西洋にひけをとらないほどになりました。とくに、憲法と国会をつくり、重要な問題をこのように話し合ってすすめる国は、西洋以外では日本しかありません。この日本を、西洋の国々もおどろいて見ています。
 さて、国民の中には『外国人の国内の行動を制限して、日本人とふれあわないようにすべきだ』という意見がありますが、これはまちがいです。西洋人も日本の国内で自由に行動できるようにしてこそ、不平等条約の改正が前進するのです。」
 こうして、西洋人が日本のどこでも安全に自由に行動できるようにしたことによって、陸奥宗光はイギリスとの条約改正に成功しました。明治二十七年(一八九四年)のことです。他の西洋諸国もこれにならいました。
 陸奥宗光は、これからの外交で大事なのは、まず自国に誇りを持つこと、相手を恐れず勇気を持つこと、そして強い国の仲間入りをすることだと言っています。




◆明治27年(1894年) イギリスとの間で、不平等条約が一部改正改正され、外国の治外法権が撤廃された。関税自主権一部も改正されたが、完全な対等条約にはならなかった。

◆次は、日本の関税を西洋が決めるという貿易の不平等を完全になくすことが目標になった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は6年生なんでこのサイトを見つけていろいろ学べました!w これからもわからないことがたくさん出てくるとおもうのでそのときにはこのサイトを見たいと思います!。  役に立ちましたww

No title

コメントしてくださってありがとうございます。
ぜひ何度でもお出かけください。

小6です。教科書に詳しく載っていなかったのでとても助かりました。ありがとうございます。

Re: タイトルなし

5年前までは私も6年生に歴史を教えていました。
コメントをいただけてとてもうれしいです。
ぜひまた来てくださいね!!!
プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。