スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日露戦争の勝利と不平等条約の改正

小村寿太郎:日露戦争の勝利と不平等条約の改正

1 戦争の終わらせ方

ロシアのような強大な国と戦争をすると決めたとき、日本のリーダーだった伊藤博文がまず最初に考えたことは、どうやってこの戦争を終わらせるかということでした。

伊藤博文はどんな手を打ったのでしょうか? これは、戦争を終わらせるにはどうしたらいいのかという問題です。

*アイディアを発表させる。
◆伊藤博文は、アメリカ大統領ルーズベルトに講和の仲介を頼んでおいた。ルーズベルトは、日本海海戦の勝利を見て感動し、ただちに仲介に乗り出した。日本はこれ以上戦い続ける力は残っていなかったので、まさにグッドタイミングだった。

◆アメリカの港町ポーツマスで、日本とロシアの代表団は戦争を終わらせるための話し合いを進めた。

◆板書:明治38年(1905)8月 ポーツマス講和会議
    日本代表(小村寿太郎)

◆小村の写真を貼る
小村寿太郎


政府は小村に対して、戦争を終わらせるために、これだけは絶対ロシアにイエス
と言わせるべきだという要求を指示しました。
それは次のどれでしょうか?
A:樺太を日本の領土にする。
B:賠償金をはらわせる。
C:韓国のことは日本にまかせ、口出ししないと約束させる。


*意見分布をとり、話し合わせる。

 
◆資料「小村寿太郎とポーツマス講和条約」を読んで、事実を知る。


 小村寿太郎とポーツマス講和条約
小村寿太郎はペリー来航の二年後、宮崎飫肥藩の武士の家に生まれました。明治七年イギリスに留学して法律を学び、四十六歳で外務大臣になりました。
小村は友人にこう話していました。
「貧乏に生まれたのが一つの楽しみ。
 国を愛するのが二つ目の楽しみ。
国のためにつくすのが三つ目の楽しみ」

 この言葉の通り、小村は外交官として偉大な仕事をしました。第一は日英同盟をむすんだことです。これがなければ日露戦争は戦えなかったでしょう。第二はポーツマス講和会議に日本代表として出席して、ポーツマス条約を結んだことです。

 ポーツマス会議に出席した小村に、政府は次のように指示していました。
「交渉は厳しいものになるだろうが、これだけはゆずってはいけない要求が一つある。それは、『①日露両軍が満州から引き上げ、韓国のことは日本にまかせる(ロシアが口出ししない)』と約束させることだ。
できれば、②賠償金を取る ②樺太を日本領土にする、などを勝ち取ってほしい」

 なぜ朝鮮半島と満州がいちばん重要なのでしょうか。小村寿太郎は言います。
「平和、平和と百万回となえても、平和を手にすることはできない。真に平和を望むのなら、国防を確立することだ。敵を一兵たりとも国内に入れないための備えをすることだ。そのためのたった一つの方法は、大陸に鉄条網をはることである」

 大国ロシアから日本を守るには、通り道である朝鮮半島を日本の防波堤にするしかないというのです。また、朝鮮とロシアの間にある満州も重要な場所になります。

 ロシアは、①は受け入れましたが、他のことは強く反対しました。まだロシアは完全に負けたわけではないからです。
 しかし、小村はかんたんには引き下がりません。ねばり強い交渉を続け、①だけでなく、②樺太は南半分を日本領土とする、③遼東半島の一部を日本の領土とする、④満州の鉄道を日本が経営する、をかちとりました。
 しかし、賠償金を取ることはできませんでした。
 イギリスから国家予算の何倍もの借金をして戦った日本にとって、これはきびしい結果でした。しかし、伊藤博文などリーダーたちは、小村のがんばりをほめました。
「戦争を続けてもいい」と言うロシアにここまでゆずらせた小村の努力がよくわかっていたからです。

 しかし、帰国した小村を待っていたのは、国民のはげしいブーイングでした。
国民は「二十万人もの血を流してこれだけか!」と怒り、東京では暴動が起きたほどです。国民は、日本にはもう戦う力がないことを知らなかったのです。

もし小村がポーツマス講和条約を結ぶのに失敗していたら、戦争は再開され、日本はこんどこそあやうかったというのが真実でした。政府も小村も、それを国民に言うことができず、国民の抗議にはだまってたえるしかありませんでした。



■板書:ポーツマス条約①韓国は日本に任せる 
           ②樺太の南半分、遼東半島、
           ③南満州鉄道の経営権
*賠償金は要求しない。

◆地図に、日本領土を赤く塗る。


2 戦争の結果

『その5年後、日本は決定的なある決断をしました。
 朝鮮を日本領土にしたのです。朝鮮に攻め込んで支配したのではなく、条約を結んで支配したのです。賛成した朝鮮人もたくさんいました。
 反対だった朝鮮人もたくさんいました。日本は朝鮮を独立させたままで、日本と協力関係を築く力がなかったともいえます。
 ロシアなら、迷わず支配したでしょう。あし、伊藤博文などは「同じアジア人としてつらい」という考えでした。しかし、その伊藤も朝鮮人に暗殺されてしまい、日本は「支配する」ことを決断します。
 日本は西洋とはちがってここにお金をつぎ込んで朝鮮の近代化を進めました。しかし、朝鮮人から見れば日本の軍事力に負けて、長い歴史のある祖国を他の国にうばわれたのです。日本と東アジアの安全のために、長い歴史のある同じアジア人の国を支配する立場を選んだということです。』

◆板書:明治43年(1911) 朝鮮併合(1945まで)
◆地図に、朝鮮を赤く塗る。

みなさんは、明治日本が日露戦争の後に、朝鮮を支配することになったことを、
 どう思いますか?当時の先祖の立場に立って考えてみましょう。

  A:まちがっていたのではないか   B:やむをえなかったのではないか


*意見分布をとり、話し合わせる。
【解説】
・Bの意見が大勢をしめる。児童の多くは日露戦争を「祖国防衛戦争」として共感的に理解しているので、戦争後またロシアに進出されたら今度こそアウトだという意見が出てくる。


◆ロシアを除く西洋諸国は、この日本の決断を当然のこととして受けとめ支持しました。日本が統治すれば、東アジアに安定と秩序が生まれるだろうというわけです。

その翌年、小村寿太郎は外交官として、ある偉大な仕事をしました。
それは何でしょうか?


◆板書:明治44年:関税自主権を回復した→不平等条約の完全改正
    「西洋列強と対等な国」が実現した
    
『日英同盟、日清・日露の戦い、そして朝鮮併合によって、ようやくペリー来航以来の日本人の夢がついにかなったのです。明治になって44年、ペリー来航から約60年、ご先祖たちの夢であった『西欧列強と対等についあえる国』という大目標が実現しました。リーダーたちと国民すべてが団結して、死にものぐるいの努力を続けた結果でした』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。