特攻隊員の遺書

今日は終戦外交と終戦の授業をやって、最後に特攻隊員の遺書を読みました。

生徒の感想をいくつか紹介します。



●私はこれらの戦争を本で読んだことがあります。その中でも特攻隊が取り上げられていました。その仕組みを知ったときは驚きましたが、祖国を守るため(愛国心)という気持ちが痛いほど伝わってきました。当時の状況が頭に浮かびました。日本人としてしっかり理解したいと思います。

●とても大きな戦争をしてしまったことはまちがいだと思います。ですが、日本のために死ぬことを誇りに思う人たちがいたことは、日本の誇りだと思います。私もあきらめない気持ちをみならいたいと思いました。また日本は自分の欲で戦争をしたわけではないと知ってうれしかったです。

●望んで死ぬ人たちはいませんでしたが、皆死に対して誇りを持っていました。そのことに、素晴らしい、美しいと感じると同時に、悲しいと思いました。

●みんな色々な思いで戦争に行ったのだとわかりました。自分のことより人のことを考えるような人々の優しさが伝わってきました。このような人たちの命がうばわれたなんておかしいと思います。

●みんな自分の命をかけて戦っていたということを改めて知りました。いままで日本を守ってきてくれた先祖の方々の分まで生きなければならないと思いました。

●ぼくは、戦争でたくさんの人が犠牲になったけれど、日本人は国のために自分の命をささげられるすごい民族なんだと思いました。これからも、日本人であることを誇りに思い、戦争の脅威をぼくの子孫に伝えて行きたいです。

●先祖の皆さんに、自分の身を犠牲にして戦ってくれた皆さんに感謝します。皆さんがいたからこそ今の自分がいるんだと思っています。

●長く苦しい戦争でとてもつらかったと思う。もし自分があの場にいたらどうしていたか。祖国のために死ぬことができたかは分からない。ただ一つ言えるのは、平和を信じなければならないと思った。

●先祖のおじいちゃん、おばあちゃんが頑張ってたからこそ、今の自分がいると思います。なので、精一杯、人生を生きていこうと思いました。日本は強い(精神面で)と思いました。戦争はよくないことだけど、あきらめなかった日本はカッコイイと思います。



年度が新しくなったら、中学校の授業も紹介していきたいと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫

Author:授業づくりJAPANさいたま代表:齋藤武夫
戦後70年間日本の教育は根無し草の「世界市民」を育ててきました。そのため小中学校の歴史教育はウソとタブーによって大事な内容が教えられていません。また誤って教えられています。
「授業づくりJAPAN」は、日本の教育のウソとタブーを排し、真実とフェアネスを取り戻していきます。
かつてGHQに禁じられた教育は現在も禁じられたままです。私たちは「日本人を育てる教育」を取り戻します。そのために、命ある限り授業づくりとその普及につとめます。私たちは「誇りある日本人」こそが「真の国際人」になれると信じています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます!
FC2ブログランキング
ワンクリック!応援よろしく御願いします。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる